排卵検査薬を使うことがかえってストレスに!?

結婚して2年が経ったころ、そろそろ子どもが欲しいと思い妊活を始めました。その頃は妊活に関する知識もほとんど無く、何となく避妊を止めたらすぐにできるだろうと考えていましたがなかなか授かることができずあっという間に時が経ってしまいました。

これではダメだと考え、インターネットや本で調べたところ、排卵検査薬というものがあり病院に行かなくても自宅で簡単に排卵するタイミングを見ることができると知り早速薬局で購入しました。ところが、私の場合生理不順のため排卵する日は月によってバラバラで、せっかく排卵検査薬を使っても陰性が続いて無駄にしてしまい新しく買い足さなくてはならなかったりしました。

また、夫は出張がとにかく多い仕事で月の半分は自宅を留守にしていたため、排卵検査薬で陽性になっても肝心の夫が不在でタイミングがとれないことも多くありました。排卵検査薬によりタイミングが分かるのは非常に助かったのですが、反対にタイミングが分かるからこそ、そのタイミングを逃してはいけないという強迫観念にかられ次第にストレスが溜まり、ついには夫に八つ当たりしてしまうなど夫婦関係もぎくしゃくしてしまいました。

何となく行き詰ってきた私は、排卵検査薬を使うことを止めていったん妊活は中断すると宣言しそれからは友人や夫との時間を楽しむようにしました。子どもは諦めたわけではありませんでしたが、精神的にも追い込まれている状態で授かれるとは思えなかったからです。そんな生活を半年ほどしたころ、いつもより体調が優れず生理が遅れていることに気付き、病院へ行ったところなんと妊娠していることが分かりました。

あれだけ排卵検査薬を駆使してもできなかったのにかなり不思議な気持ちになりましたが、やはり夫婦間でリラックスして生活することが妊活には一番良かったのだと今になって考えています。